エコ起業家の世界的なイノベーション

SmartMarketsSM はよりよく水とエネルギーを利用するため市場の3つの原動力の結集から利益を得ています。インターネット上のEコマース、ソーシャル・ネットワーク、そして環境保護運動です。当社のシステムは全てのユティリティ(水、電力等)に合わせてカスタマイズできます。SmartMarketsSMは「自然に反する」独占市場の内部に新市場を開拓することで、環境保全の競争に良い影響を与え、動機づけます。

セーブ・アンド・トレード- 次世代送電網を活性化させる決め手となるアプリケーション

SmartMarkets は直接水や電気に触れません。インフラはいまでも公共企業の熟練専門家が管理しています。けれど、当社はこれらの資源を顧客が定義づけ利用する方法を変革するのです。

SmartMarkets は特許申請中の「セーブ・アンド・トレード」メータ、変換メカニズム、およびWeb 2.0 取引プラットフォームを開発しました。このプラットフォームではエコシェアズSM(EcoSharesSM)という、明確に定義づけされた水・エネルギー効率クレジットを住宅・商業エンドユーザが所有、節約、蓄積、取引できるようになります。

比較優位- 消費者と配電網を価値観で結びつける

既存の「スマート・メータ」類では消費者が電力利用をモニターし「次世代送電網」にデータを送ることができます。こういったイニシアティブは役に立ちますが、省資源競争におけるある有限の資源を利用できないゆえに不十分です。すなわち人間の欲望です。SmartMartketsにおける「垂直統合取引制度」のみが需要削減の強力な誘因を提供しています。つまり、「スマート・メータ」と「次世代配電網」は「スマート・マーケット」の成功を必要とするのです。

貯めたエコシェアズは簡単に管理、取引ができます。オンライン残高やエネルギー月次明細書で確認できます。飛行機のマイレージのように簡単に管理でき、節水の度毎にクレジットカードのポイントのように定期的に貯められ、インターネットでNASDAQの株を取引するように透明な取引ができます。

従来と異なるSmartMarketsのビジネスモデルは希少資源を保護し、お金を節約し、誰にでも平等に開かれた透明で信頼できるプロセスを通じて追加所得を得る力を不況疲れした消費者に与えます。水道会社が水というよりむしろ「真の流動性」を提供し、電力会社がついに「人々にパワー」を提供できる日も間近でしょう。

“「小売りの競争がない状況で大規模な次世代送電網を持つ価値がそもそもあるのか、という質問にこそ答えが必要だ。」

- ロバート J. ミカエルズ

“「持続性を支えるために誰もが省エネをし、取引をするやる気が出るように、人々が水やエネルギーを所有できる制度が究極的には必要だ。」

- ハンター S. ロビンス

“「次世代送電網とは取引可能な送電網だ。」

- リン・キースリング

“「世界の大河にはもやは海まで達しないものがある。多くの都市では水が割り当てられている。干ばつや洪水は深刻さが極限に達している。これらの問題の解決には政策が必要だ。理想論では、効率的な水利用は料金を課すことで奨励できるが、それを実行する試みは政治的に不可能であると判明した。より実践可能な代替案は水利権制度だ。」

- エコノミスト誌

“水に経済価値を与え取引可能な資源として扱うことで、所有者が変わるため、当事者は協力のメリットがコストを上回ることが理解できる。ゼロサム・ゲームがウィン・ウィン状況になるのだ。

- フランクリン・フィッシャー、 アンネット・フーバー=リー

“「水とエネルギーの一部は無料にするべきです。そうすれば人々はもっと利用しようとより多くのお金を支払うようになるからです。」

- デイビッド・ゼットランド